「iPicss®」

アイピクス

妊産婦緊急搬送補助システム「iPicss®」

岡山県には、妊婦の産前・産後の緊急事態を円滑に最大限サポートするために導入されたシステムがあります。それが「iPicss®」です。2019年以降、全県下に導入され活用されています。妊婦に緊急事態が発生した場合、かかりつけ医療機関から高次医療機関へ搬送される際に、iPicss®は病院内での対応や、医療機関同士の情報連携を円滑にします。災害時には「災害モード」が機能します。このようにシステム連携は、使う用途で様々に形を変え、使用する方々に合う形で利用していただくことが可能です。「もしものためのそなえ」は利用者にフィットした機能性・利便性を持つことが重要と考え、医療連携システムの普及を邁進させて参ります。

iPicss®が実現する情報連携は、関わるすべてのひとがよりいっそう安全となります。緊急搬送時や災害対応時には様々な手続きが効率化・迅速化され、その結果、搬送体制や情報連携に新たな文化が生まれます。

iPicss® 公式サイト →